GoProを使って水中撮影 おすすめアクセサリー5つ

GoProはアクションカメラとして使われている方も多いと思いますが、ダイビングや釣り、サーフィンで使われる方も多いです。

海や水中で綺麗な写真や動画を撮影しているものを見たことがあると思います。

なかなか海に潜る機会もありませんし、特別な体験を綺麗に楽しくとるためにGoProのアクセサリーはたくさんあります。

そこで今回はおすすめのアクセサリー5つを紹介していきます。

水中撮影におすすめアクセサリー5つ

腕に固定するザ・ストラップ

これは手首に付けるためのアイテムで、手首に装着すれば水中だけでなく水上でもハンズフリーで撮影することができます。

ダイビングをしながらGoProを操作するのはベテランの方でも結構大変です。

そこで手首にGoProを固定しておけばウミガメや魚を撮影することも簡単にできます。

物によってはマウントから外さずにカメラを360℃回転させたり、上下の首振りも自由自在にできまるので、撮影の幅も広がりまし、水の中でも陸地でも使用できます。

手に持っていないので、もし波があれてしまえば結構水の抵抗が大きいため、グリップなどにふると使いづらいという欠点がありますが、その点ストラップであればそのまま腕に付けておくこともできるので、便利です。

マジックテープを付きのゴムバンドになっており、ゴムの長さを調節すれば大人だけでなく子供でも簡単に取り付けることができます。

水深60メートルまで潜れるハウジング

水中や水上でGoProを使う時に大切なのがハウジングになります。

今のGoProは性能もよく、カバーなどなくても防水になっているため水深10メートルまでは防水機能が備わっているのですが、GoPro本体にハウジングをつければ、より難しい過酷な水中での撮影もすることができます。

それにより防水機能も水深10メートルから60メートルまでになるため、性能もぐんとアップしるのでシュノーケリングやダイビングも綺麗な撮影ができるのでおすすめです。

また装着した上からでも本体のタッチディスプレイの操作もすることができますし、カメラの平面レンズは水中でも水上でも最高に綺麗な写真を撮る事ができます。

またGoProはコンパクトな仕様なので使いやすいように思えますが、それ故に欠点もあり、持つ時に指で本体を持つことです。

特に水の近くてあれば濡れている手で持つので手が滑って落としてしまったら水深10メートル以上だと水没してしまいます。

バウジングを付けておけば浸水のリスクを防ぐこともできますし、少し厚みがでるため、直ぐに回収することもできます。

GoPro専用 ブルーウォーター

これは水深5メートル~21メートルまでの撮影をする方におすすまで、写真や映像の色などを補正してくれる物になります。

フィルターが赤色になっており、青色の水には最適で、傷つきにくいガラスのレンズを買っているので、よりクリアな写真や映像を映し出す事が可能になります。

よくネットなどに上がっている写真をみると分かりますが、鮮やかさの違いが明確です。

防水のGoProで水中モードがあるものがあり、これは自動で色味を補正してくれますが、水中での青色は補正することができません。

その対策の為にもブルーウォーターはおすすめです。

GoPro専用 グリーンウォーター

こちらもブルーウォーター同様に水深5メートル~21メートルでの撮影で色の補正をしてくれるGoPro専用のアクセサリーになります。

これは藻類で緑色になった海水や淡水湖などで使用するのにおすすめです。

こちらもガラス製のレンズになっているので、クリアな写真や映像を映し出してくれます。

フィルターの装着はワンタッチで何もツールが必要ありません。

そして傷に強いですし、光学グレードのガラス製レンズになっており、鮮明な写真や動画の撮影に威力を発揮します。

マイクロファイバーのバッグと流れ止めのコードがついている物もあります。

水中ライト

GoProには残念ながらライトが着いていません。

水中は光がなかなか届かないので、深く潜れば潜るほど暗くなりますが、水中ライトを使えば写真や動画を綺麗に写してくれます。

GoProだけではくらい所の撮影がしにくいですが、水中ライトがあれば安心して深くもぐることができます。

またGoProと連携接続できるものがあったり、GoProとマウントの間に装着できるタイプもあるので、便利です。

そして水中ライトは電池式と充電式の2種類があります。

充電式の方が明るいですが時間がたって充電がなくなるといきなり暗くなってしまいますが乾電池式の場合充電式に比べると若干くらいという違いがあります。

少しの時間しか使わなかったり暗い水中で使わない時は乾電池式がおすすめですし、深いところや夜にGoProを使うことが多い人は充電式がおすすめなので、よく選んで購入してください。

まとめ

GoProを使って水中で綺麗に写真や動画を撮影しようと思うとどうしてもアクセサリーが必要になります。

全ておすすめのものばかりなので、これから購入される方はぜひ自分の撮影スタイルを考えて参考にしながら買ってみてください。