動きの激しい撮影にはGoPro!車での撮影ってどう?

GoProは何よりも、激しいアクションシーンでの撮影もできるので、近年人気爆発です。

サーフィンとかのマリンスポーツでも、登山などの両手を使う必要のあるスポーツにも、また自転車やバイクに搭載しての撮影も、何でも来いと言った感じですね。

となると、車に搭載するのももちろんありですよね。

とにかく激しい動きにも対応してくれるので

頑丈でしかも防水性能にも定評のあるGoProです。

スポーツはもちろんのこと、動くものに搭載しての撮影もお手の物です。

変わったところでは、風船につけて空中から撮影とか、同じく気球につけての撮影、ドローンに搭載しての撮影などもあります。

サーフボードに固定しての撮影も可能です。

もちろん普通に、自転車やバイクに固定してその臨場感とスピード感を撮影、記録する人も大変に多いです。

となると、車に搭載して撮影というのも、もちろん充分に考えられるし面白い映像が期待できますね。

GoProの車での撮影、得意不得意に気をつけることなど、いくつか上げていきましょう。

ドライブレコーダーとしては

車にというと、思い出してしまうのはトライブレコーダーです。

これ近年、防犯面や事故の時にも活躍してくれるので、搭載している車が増えました。

まあ実際、GoProをこのドライブレコーダーの代わりに使うことも可能です。

それこそ車載すると言えば、こうした使い方を想像する人、多いはずです。

しかし問題は、GoProの最大の欠点である撮影時間の短さです。

特に防犯用に、駐車時間も撮影となるとバッテリーがいくらあっても足りません。

餅は餅屋、ドライブレコーダーは専門のものを利用することをおすすめしたいです。

短時間ならまあ、充分に機能してくれるのは事実ですね。

GoProの車載どんな撮影ができるの

割とポピュラーな、車でのGoProの使い方を見てみましょう。

車内に取り付ける

最も使われるのが、ダッシュボード部分に固定しての撮影です。

ダッシュボードに固定すると、フロントガラス越しの遠景も街の風景も、スピード感そのままに撮影ができます。

ドライブレコーダー代わりになるので、最も一般的な使い方ですね。

これを向きを変えて車内を撮るようにすれば、車の中の仲間の撮影もできます。

友達や家族との楽しい旅の思い出、車内での楽しい時間が記録できるというわけです。

マウントによってはダッシュボード上に固定できず、フロントガラスにというものもありますので、購入時によく注意して好みの方を選んで下さい。

車外に取り付ける

車の側面に取り付けて撮影することも、専用のマウントがあれば可能です。

これだと臨場感たっぷりの映像が撮れますし、ガラス越しではないので迫力も満点です。

旅の思い出というよりも、走行の爽快さを記録しておくと言った感じですね。

これ問題は、日本の狭い道路でやると事故の元にになることなんです。

そこまで行かなくても、何かにぶつかってカメラやマウントが壊れることもあります。

使用には注意が必要ですね。

GoPro車載に関して注意することは

ドライブレコーダーなどに関しては、まず盗難等の問題は早々ありません。

また走行のじゃまになることもないのですが、GoProの場合いくつか注意点もあります。

固定がしっかりできるマウントを

車外に取り付ける場合のマウントは、これは吟味しなくてはなりません。

特に高速道路などで使う場合、固定がしっかりしていないと、カメラが壊れるだけの問題では済まないこともあります。

後続車の事故を誘発することもあるのです。

また車内のGoPro固定用のマウントも、同じことです。

車内だからと安心していると、急ブレーキをかけた時など固定が甘いと、吹っ飛んでしまうこともあるのです。

乗客に怪我させることもありますし、ドライバーに当たってびっくりして注意がそれ、事故を起こさないという保証もないのです。

マウントの固定に関しては、何よりもしっかりとできるもの、また念を入れて補強するようにして下さい。

盗難には注意を

普通のトライブレコーダーの場合車上荒らしなどの時の撮影も、可能です。

つまり、駐車監視録画機能がついているのです。

車が止まっている時にもし何かの衝撃が車に加わった場合、自動的に録画開始してくれます。

当て逃げの時などにも、有効に働いてくれますね。

しかしGoProの場合、そういった機能はないので電源入れっぱなしということになります。

バッテリーがあっという間に減ってしまいます。

肝心の撮影ができなくなるということも、無いではありません。

しかしそれだけで済むならまだマシです。

車上荒らしの目的が、GoProだったということもあるのですね。

外から見える位置にあった場合、GoPro自体を持っていかれる、と言う危険性もあるのです。

駐車しているときなどは、しっかりと外して持って出るようにしたいですね。

まとめ

車載して面白い画像をと思った時に、固定のできるカメラであるGoProはここでも大活躍してくれます。

ただスピードの出る車での使用なので、また人気のカメラでもあるので、気をつけておいたほうがいいことも結構あります。

安全に、面白い車載画像を撮影して下さい。