カントン包茎の手術は難しい?

- カントン包茎の手術は難しい?

カントン包茎の手術は難しい?

カントン包茎は包皮の出口が狭く包皮が亀頭を覆い、勃起時に根本を締め付けるような状態の事を言います。
例え勃起時に亀頭を露出させる事が出来ても、亀頭を圧迫するような状態は大変危険ですし、包皮が引っかかっているような状態はとても厄介です。
このためにカントン包茎は手術が難しいと思われがちですが、本当に包茎手術の難易度は上がるのでしょうか。

カントン包茎の手術について

包茎というのは人によって程度に大きく差があり、もちろんカントン包茎にも軽度の人が居れば重度の人もいます。
しかし、包茎の種類や程度によって包茎手術の時間が大幅に伸びたりする事はありません。
確かに包皮が引っかかっている、それが原因で亀頭が腫れているような状態は深刻だし、時間のかかる手術を必要とするようなイメージはあります。
でも実際の所は軽度でも重度でも、カントン包茎の手術は30分ほどで終わる場合が多いのです。


包皮輪について

もう少しカントン包茎について具体的に説明しますが、カントン包茎は包皮輪の狭さが原因で起こる状態です。
包皮輪は包皮の出口で、輪っか状になって亀頭を覆っている訳です。
しかし狭い包皮輪で亀頭全体を覆っていると、包皮が狭い訳ですから力を入れても根本まで引っ張って剥く事が出来ません。
当然包皮輪が広ければ、亀頭との間に余裕があるので簡単に剥く事が出来ます。
つまりカントン包茎の手術というのは、亀頭を露出できなくなっている原因の包皮輪を取り除く手術となります。

亀頭を覆う包皮輪を切除する

カントン包茎は包皮輪の狭さが全てであり、手術では状態が軽度だろうと重度だろうと包皮輪を切除する事に終始します。
だからカントン包茎はとても難易度の高い手術になる訳ではありませんし、手術自体は大規模になる訳でもありません。
包茎の中でもちょっと聞き慣れない種類なので怖くなってしまうかもしれませんが、手術そのものは安心して挑めるはずです。
カントン包茎は痛み、早漏、正感染症、不衛生など色々な問題を引き起こす可能性があるので、もしカントン包茎ならなるべく早くクリニックへ行きましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 包茎手術のメリットとは?包茎について知ろう! All Rights Reserved.