包茎は性病に繋がる事がある

- 包茎は性病に繋がる事がある

包茎は性病に繋がる事がある

包茎は色々なデメリットがありますが、一番怖いデメリットは間違いなく性病でしょう。
もちろん包茎が原因で性病になる、という可能性はとても低いので今すぐ焦る必要はありません。
しかし重度の包茎だと性病のリスクは高まるので、早めに包茎手術した方が良いのは間違いないでしょう。

どうして包茎が性病の原因になってしまうの?

包茎そのものが性病に繋がるというよりは、包茎で起きる症状が性病に繋がると言った方が正しいでしょう。
代表的なのは亀頭包皮炎という症状で、これは不衛生のせいで亀頭が腫れてしまう事を言いまして、包茎の人が一番なりやすい症状です。
また、尖形コンジロームも有名な症状であり、コンジロームはイボのようなもので、これが出来ると別の症状を発生させてしまう事があるので大変危険でしょう。
後はヘルペスやクラミジアなども良く知られた症状ですが、どの症状にしても根本的な原因は不衛生にあります。
そしてどうして陰茎が不衛生になるかと言えば、それはもちろん余分な包皮の内側に垢が溜まってしまうからなのです。


包茎手術で性病のリスクを抑える

仮性包茎くらいなら、自分で包皮を剥いてこま目に洗浄して清潔に保つ事は出来るでしょう。
しかし真性包茎とカントン包茎だと包皮を剥くのが難しく、放っておくとイボや発疹を引き起こしてしまいます。
一度でもそういう重度の症状を発生させると、治療が難しくなるし無駄な費用を払う羽目になるかもしれません。
だから包茎で垢が溜まりやすくなっているなら、大変な目に合わない内にクリニックで包茎手術を受けた方が良いのです。

真性包茎の人は要注意

特に真性包茎で包皮が亀頭の半分以上を覆っていて、自分の力で剥く事も出来ないなら性病のリスクは相当高くなります。
そして例えイボや発疹が出来ていなくても、たまにかゆみなどの違和感を感じるならそれは大きな症状を引き起こすサインかもしれません。
もしかして……? と思った時は、まずクリニックへ行ってカウンセリングを受けてみてください。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 包茎手術のメリットとは?包茎について知ろう! All Rights Reserved.